家族で賃貸に住むこと

家族を持ったらマイホームを購入して住むというのが高度経済成長期からの典型的なモデルケースですが、土地、建物の資産価値の低下が進み、自己資産も不安な昨今、一生賃貸という住居手段も考えられます。 まず、賃貸であれば持家より経費がかなり抑えられます。入居時にかかる経費は敷金、礼金ですみ、持家の初期費用よりはもちろん安価です。家賃、共益費は月々の住宅ローン並みにかかったり、更新料もありますが、毎年の固定資産税はかかりません。マンションでいえば建物の質が分譲より劣ると言われていますが、最近は見直される傾向があると聞きます。またお年寄りは家を借りにくいと言われていますが、高齢者マンションなど最近の高齢化社会事情を考慮して終の棲家も選択が多く借りやすくなっているのが現状です。 そして最大のメリットは動きやすいことです。持家は住んでしまった以上簡単に引っ越すのは難しいです。子供の進学、独立などで家族の人数が変わることもあり、それによって部屋数も少なくてよくなる場合もでてきます。そのタイミングで条件の良い場所に引っ越すことも可能です。引っ越し費用はその時々でかかりますが、持家よりも経済的であることは間違いありません。