現代の賃貸住宅事情

現代は、人口減少社会の入り口だと言われています。地方を中心にして空き家の問題もクローズアップされてきています。ですから、マンションにも空室が目立ってきています。そのせいか、マンションのオーナーはさまざまなサービスを考えて、入居者を集めようと必死になっているのです。 敷金礼金ゼロの物件が多くなっているのも、そういった背景があってのことです。入居者を集めるためには、まず初期費用がかからない物件であるとアピールする必要があるのです。 最近では、フリーレント期間を設定している部屋もたくさん見受けられるようになりました。これは昔はなかったもので、一定期間家賃がただになるというサービスのことです。しかしそのかわり、二年程度はそこに住まなくてはならないのです。これもまさに、空室率の改善のために行われているサービスだと見ることができます。今の時代は、借り手にメリットが多いということができます。 工夫次第では、かなり費用を抑えて素晴らしい賃貸物件を借り受けることができます。耐震性がアップしているのも、現代賃貸物件の特徴だと言えます。多くのマンションが、免震システムを導入して大きな地震に備えています。東京でも命が守れる可能性が高いです。