購入と賃貸を比較しよう

不動産物件を購入することと、賃貸で済ませることを比較してみると、いろいろな違いが浮かび上がってきます。自分にはどちらがいいのか吟味する材料にしてみてはいかがでしょう。 まず、生涯に必要になる費用を比べてみると、賃貸の方が少し割高になると言われています。これは、持ち家はローンを支払い終われば後は固定資産税ぐらいしか支払う必要がないためです。賃貸物件の場合は、生涯ずっと高い家賃を支払っていく必要があるので、やや割高だとされています。ただし、持ち家には修繕費というものがかかってくるので、それを含めれば同じ程度というのが一般の認識です。 責任の軽さは、部屋を借りる方が軽いに決まっています。他人の部屋なのですから、何か嫌なことがあったらすぐに出て行くことができます。持ち家ではその家と運命共同体にならなくてはならないケースが多く、責任を軽々と放棄できない点が少し負担になります。地域の要望に合わせて改築をしなくてはいけなかったりと、面倒なことも多いです。 都市部ではなかなかマイホームを手に入れることはできませんから、経済的に部屋は借りて済ませる場合が多いです。逆に地方では、数百万円で一戸建てが購入できたりするので、持ち家比率は高くなります。

 

賃貸あるあるエピソード

最近では賃貸アパートを借りても大家さんと接する機会はほとんどないケースが多いでしょう。管理会社が、家賃の回収から日常の修繕までアパート管理全般を請け負う形をとるケースがほどんどだからです。 しかし、今でも大家さんが建物の屋上に住んでいる、もしくは近くに住んでいてアパート管理の一部を自らやっているという形をとってる物件も残っていますし、昔はこの形が多かったです。そのため、昔は賃貸物件あるあるとして、「親切過ぎる大家さん」がたくさんいました。 例えば、田舎から出てきた学生に生活上の注意点を与えたり、気を利かせて若者向けはこれがいいだろうと派手な色の固定電話をあらかじめ設置してくれたり、とにかく情に厚くおせっかいな大家さんが昔はいたものです。いわゆる下宿のおかみさんのような役割を大家さんが果たしていたということでしょう。こういった大家さんがいるアパートの方が大学生を送り出す親も安心ということで人気が出たことも、この親切過ぎる大家さんが一般化した理由かもしれません。最近ではあまり見かけなくなってしまったようですが、賃貸アパート選びをする場合に、人情味あふれる後見人のような人がいた方がいいという場合には、親切な大家がいる物件を探してみるといいかもしれません。

 

USEFUL SITE

賃貸マンションは安全に暮らすための防犯セキュリティが整っています。オートロック機能などの防犯セキュリティがあるので安心して暮らすことが出来ます。

札幌の賃貸マンションの魅力は、一戸建てと違い屋根の雪下ろしを必要としないことと高い位置からの景色を楽しめる点です。

江別市の賃貸物件ですが函館本線沿いに一人暮らしに適したワンルームを中心にリーズナブルなお部屋が多数そろっています。駅に近い物件が多いので通勤・通学に便利です。

賃貸マンションに暮らすなら安全な生活を送ることが出来る賃貸マンションに暮らしたいものですが恵庭市の賃貸マンションはオートロック機能などの防犯セキュリティがあるので安全に暮らす事が出来ます。